PAGE TOP

発泡ニトリルゴム製背抜き手袋

ショーワグローブ、「マイクログリップ(タグ付)」を発売

工業用品 2019-03-13

「No.381 マイクログリップ(タグ付)」


 ショーワグローブは、フィット感と作業性に優れた発泡ニトリルゴム製背抜き手袋「No.381 マイクログリップ(タグ付)」を3月1日に発売した。サイズは女性の手にもなじみやすいS(全長22.0cm)のほか、M(同23.0cm)、L(同25.0cm)の3種類、色はグレーをラインアップしている。

 「マイクログリップ」は髪の毛よりも細い化学繊維・マイクロファイバー糸を採用し、編み目を密にすることで肌への密着度を高めたグローブ。手袋と肌との接触面積が従来品に比べ多いため、摩擦がしっかりと生み出され、手袋内面で手が滑りにくい。この独自の「ネクストグリップテクノロジー」で今までにない、吸い付くような装着感と軽快な動きを可能にしている。

 またマイクロファイバーは、綿などの自然素材よりも渇きが早いのが特長。手袋内側でかいた汗もサッと吸収し、素早く乾く。さらに手のひら側の滑り止め樹脂コーティングには発泡加工を施し、通気性を向上。手のひらが汗ばんでも湿気が逃げやすく、長時間の着用を快適にサポートする。   


 コーティング素材には、油や摩耗に強いニトリルゴムを採用。耐摩耗性試験では、最高レベルの耐摩耗性レベル4を記録しており、作業性を損なわない薄さと丈夫さを両立している。

 「マイクグリップ」は2016年の発売から世界中の工場や建設現場などの業務用途で使用され好評を得ている。同社では業務用途に加え、サイクリングや自動車整備、家庭採用、DIYなど幅広いシーンでの着用を想定しており、業務用途以外のユーザーにも購入しやすいよう店頭での販売を開始したもの。ユーザーが触感を確認できるタグ付きで、全国のワークショップやホームセンター、ドラッグストアなどに順次展開していく予定だ。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界