PAGE TOP

産業用・昇降機用・電子機器用ゴム製品を製造・販売

トーカン、社内調査で仕様不適合品の納入が判明

工業用品 2018-12-06

 三菱電機の100%子会社で、産業用・昇降機用・電子機器用ゴム製品の製造・販売を行うトーカン(千葉県松戸市、松岡達雄社長)は12月4日、ユーザーとの間で取り決めた物性仕様(硬度や熱老化特性など)を満たさないゴム製品を出荷したり、物性検査を実施せずに出荷したりしたなどの不適切行為により、契約を満たさない製品(仕様不適合品)を納入していたことが、社内調査により判明したと発表した。

 同社によると、製造するゴム製品は特注品であるため、納入先はすべて把握できているという。現在、ユーザーには仕様不適合品の状況を報告、説明し、製品に与える影響と当面の処置、是正処置の判断を委ねている状況。また、一部、商社に納入したゴムシートについては、商社の協力を得て、商社が販売したユーザーに対応を判断してもらうとともに、トーカン内に電話窓口を設置し、直接問い合わせに応じられる体制をとっている。

 同社が2008年以降の検査データを調査したところ、仕様不適合品の納入は少なくとも2008 年から行われており、それ以前の納入分についても材料配合や製造・検査工程の変更がないため、同様の仕様不適合があったと判断しているという。出荷記録も2000 年以降しかなく、仕様不適合の始まった時期は特定できなかったという。

 仕様不適合品の概要
 ■エスカレーター用
 ◇製品名=手すり、ローラー◇不適合内容=硬度など◇不適合数=120種中9種◇対象顧客数=7社

 ■電子機器用
 ◇製品名=放熱絶縁ゴム◇不適合内容=引裂強度など◇不適合数=579種中4種◇対象顧客数=2社

 ■産業機器用
 ◇製品名=クッション、パッキン、カバー、キャップ◇不適合内容=硬度、熱老化特性、耐油性など◇不適合数=493種中228種◇対象顧客数=16社

 ◇製品名=ゴムシート◇不適合内容=硬度など◇不適合数=25種中12種◇対象顧客数=4社

 再発防止策として同社では、 ①品質教育の徹底 ・コンプライアンスおよび品質意識醸成の社員教育を、部・課・係の各階層で実施する②品質管理体制の再構築=要求仕様と検査基準との整合を確実に確認する仕組みと手順を新たに設定する。各作業要領書とQC 工程図(品質管理工程図)を全面的に見直す。 品質レベルが変動した際に、速やかに是正する手順を新たに定める。内部監査、品質パトロールの際に、実データまで踏み込んだチェックを行う――に取り組んでいくとしている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界