PAGE TOP

未上場ゴム企業17年12月期業績

早川ゴム、カイゼン活動で利益確保

工業用品 2018-04-23

 早川ゴム(広島県福山市、早川雅則社長、資本金4億9,400万円)の17年12月期業績は、売上高が95億3,700万円で前期比5.5%減、営業利益が3億8,400万円で同37.6%減、経常利益が4億円で同35.9%減、当期純利益が2億7,500万円で同28.9%減となった。年間配当は17%(前期は15%)。

 部門別売上高は、建設用資材が53億4,700万円で同4.3%減、産業用資材が35億6,700万円で同4.9%減、ファインケミカル関係が6億2,300万円で同16.5%減。

 各部門とも売り上げが低調に推移し減収減益となった。カイゼン活動で利益を確保するとともに、新工場棟建設や新基幹システム構築準備など将来に向けた投資を行った。

 今期業績は改善すると予想。主力の建設資材部門で、工事資材の需要が動き始めており販売拡大を見込んでいる。

 期末従業員数は354人(前期末350人)。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界