PAGE TOP

【特集】ゴム・樹脂ホース

十川産業、半導体や工作機械向けなど伸長

工業用品 2017-12-08

MEGAハイプレッシャーホース


 十川産業の上期(4-9月)業績は増収増益と好調だった。上期は半導体、工作機械、建設機械向けが好調で、土木関連ではトンネル工事向け需要が活発だった。西日本地域の猛暑によりエアコン用ホースの販売も伸びた。

 「半導体は来期には落ちるとの予想もあるが、自動車のEV化など半導体の需要は今後も伸びると思われるので、半導体関連のホース需要もまだ続くと予想している。工作機械、建機向けも引き続き堅調に推移すると見込んでいる」(同社)

 一方で、ホームセンター向け汎用商品の販売は伸び悩んだ。「ホームセンターの新設が減少し、統廃合による店舗の見直しも行われており、ホース販売にも影響が出ている」(同)

 ネット通販は引き続き順調だ。同社は10年ほど前からネット通販に取り組んでいるが、「毎年2ケタ成長を続けている。ネット通販の売り上げ比率は拡大しており、今後も伸びていくと予想している」(同)。

 また以前から取り組んでいるOEMから自社ブランド品への移行も進んでいる。OEMで量と売上高を追うのではなく、自社ブランドで収益性を高めていく方針だ。収益性の向上に向けて、採算性の悪い製品や需要分野から、採算性の高い製品・需要分野の移行も進めている。

 海外ビジネスについては、中国・東南アジアなどの海外展示会に積極的に出展し、自社ブランドのピーアールや認知度アップに努めている。

 18年3月期は増収増益の見込み。経営面での懸念は、原材料価格の高止まりと物流費の上昇という。

 今期、注力しているのが新製品「MEGAハイプレッシャーホース」。同製品は、一般ブレードホースの4倍の耐圧力を有する透明高圧ホース。高弾性特殊配合と高圧補強構造により、低圧から高圧まで幅広く対応する。また透明のため、流体の目視確認が容易で、保守管理作業効率が向上する。トンネル・ダム建設や工事現場、土木・建設工事のグラウトデリバリーに適している。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界