PAGE TOP

【特集】ゴム・樹脂ホース

クラレプラスチックス、ループホースが全体を牽引

工業用品 2017-11-22

 クラレプラスチックスのホース事業が堅調だ。売上高は、上期(1-6月)が前年同期比でプラスになったことに加え、下期(7-12月)についても、上期プラスアルファで推移するとみている。通期では数%の増収増益を見込む。

 牽引するのが、空調ダクトやデリバリー・サクションといった用途がメインのループホース。

 空調ダクトは、戸建て住宅の高断熱化やスマートハウスでの需要によりハウスメーカー向けなどに伸びている。伊吹工場の空調ダクトの生産ラインはフル稼働で対応しており、「今後は生産効率の向上やライン増設の検討も含め、生産量の増加を図っていきたい」(同社)としている。

 一方の土木用ホースはスポット需要が増加しており、プラスで推移している。今後は、リニア新幹線のトンネル工事向けでの需要に期待する。

 引き続き空調ダクトやネオホーマーCF、ネオホーマーGXといった土木用ホース、クラドリップなどに注力する。工場についても機械化などによる生産性向上やユーティリティ等の設備投資を進めていく。

 需要が堅調な中、大きな懸念材料が物流費の高騰。「運送会社から大幅な値上げ要請が来ており、それに対しゼロ回答は不可能」(同)という。大口径ホース、空調ダクト等は輸送効率が決して良くない。「チャーター便でなければ配送してもらえないものもあるし、そのチャーター便ですら手配の厳しい時がある」(同)。その空調ダクトが伸びていることで、物流費による収益圧迫が拡大している。物流費の高騰に対し、同社ではプロジェクトを組み対応を検討した結果、「ユーザーと交渉することにした」(同)という。小口配送ではなく一括での納入や物流費の転嫁など、様々な観点から交渉を進めていく考えだ。「物流費の高騰は、運送会社での人材不足など構造的なものなので、ユーザーにもある程度負担をお願いしたい」(同)としている。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界