PAGE TOP

「ECOPIA NH200」シリーズ

ブリヂストン、乗用車用低燃費タイヤを2月に新発売

タイヤ 2021-12-23

ECOPIA NH200


ECOPIA NH200 C


 ブリヂストンは、低燃費タイヤブランド「ECOPIA」の乗用車用タイヤ新商品として「ECOPIA NH200」と、軽・コンパクトカー専用の「ECOPIA NH200 C」を2022年2月1日に発売する。全サイズにメーカー小売希望価格を設定する。

 1995年に誕生した「ECOPIA」は、「低燃費性能」はもちろんのこと、「ウェット性能」「ライフ性能」「ドライ性能」「直進安定性」「静粛性」「乗り心地」といった、ブリヂストンが考えるタイヤに大切な7つの性能を高次元で総合的にバランスすることを目指したスタンダードタイヤ。

 今回発売する「ECOPIA NH200」シリーズは、車とともに進化する新車装着タイヤと同じく、車の性能を引き出すために進化した新しい「エコピア」。タイヤが転がる際に発生するエネルギーロスを低減する「エコテクノロジー構造」を採用することで、従来品対比、転がり抵抗を11%低減している。

 また、専用の新パタンとブリヂストン独自技術の「ULTIMAT EYE」を活用して、接地圧を均等にすることで高い耐偏摩耗性を実現。これにより、タイヤショルダー部がすり減りにくくなり、ウェット性能が長持ちする。

 ECOPIA NH200は、新パタンにより走行中のノイズを抑制し、車内での静粛性も向上。ECOPIA NH200 Cは、ブロック剛性を最適化した新パタンにより、耐偏摩耗性とウェット性能とともにライフ性能の向上も実現している。

 さらに、低燃費性能や摩耗ライフなどタイヤ性能の向上に加え、タイヤ骨格部の材料・構造を商品間で共有しシンプル化、路面に接地するトレッド部でタイヤ性能を差別化する技術により、開発・製造工程の効率化を含め、バリューチェーン全体で環境負荷を低減するなど社会価値・顧客価値の両立を図っている。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた