PAGE TOP

タイヤ事業は高付加価値商品比率を拡大

横浜ゴム、山石社長が年末会見

会員限定 タイヤ 2021-12-20


 横浜ゴムは12月10日、オンラインで「2021年年末社長会見」を開会し、山石昌孝社長が2021年を振り返るとともに中期経営計画「YOKOHAMA Transformation 2023」(YX2023)の進捗および2022年の展望などを語った。山石社長は、「2022年は、タイヤ事業では高付加価値商品比率を拡大、MB事業では収益を伴った成長、ESG経営ではカーボンニュートラルの推進などを進める」と語った。

2021年の各事業の状況

 第3四半期(1~9月)のタイヤ事業は経営環境の変化に迅速に対応した結果、売上収益、事業利益とも前年同期を上回ることができた。

 新車用タイヤについては、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた