PAGE TOP

BSCT上尾製造所を2023年第4四半期中に閉鎖

ブリヂストン、自動車用シートパッドの国内製造拠点集約

タイヤ 2021-10-08

 ブリヂストンは、国内グループ会社のブリヂストンケミテック(BSCT)およびブリヂストン化工品(BDCP)で生産されている自動車用シートパッドの国内製造拠点を集約する。

 対象となるのはBSCT上尾製造所(埼玉県上尾市)で、2023年第4四半期中に閉鎖し、同年末までにBSCT名張製造所を中心に、同防府製造所、BDCP鳥栖工場の3カ所に集約する。

 同社では中期事業計画(2021~23年)において、多角化事業の再編を検討、実行している。その中で、自動車用シートパッド事業の今後のあり方を総合的に検討した結果、拠点集約が体質強化に資すると判断した。

 上尾製造所の従業員(2021年9月末時点で63人)については、豊富な経験とスキル、仕事への熱意、強いチームワークを併せ持っているとしており、引き続きBSCTの他製造所などで活躍してもらうことを前提に検討を進めていく。取引先や地域社会に対しては影響が最小限になるよう十分配慮する方針。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた