PAGE TOP

タイヤ物流のノウハウ向上はかる

ブリヂストン、NEXT Logistics Japanに出資

タイヤ 2021-02-04

 ブリヂストンは、2018年に日野自動車の子会社として創立されたNEXT Logistics Japan(=NLJ)に出資する。

 NLJは、様々な企業パートナーとともに「ドライバー不足によりモノが運べなくなる」という社会課題解決に向けた新たな幹線輸送スキーム構築の事業化を推進している。

 ブリヂストンは今回の出資によりNLJが構築する輸送スキームの実行を通じて、タイヤ物流に関するノウハウ向上と効率化・高度化をはかる。

 また、タイヤ内圧情報の遠隔モニタリングツール「Tirematics」を試験導入し、タイヤ起因のトラブル未然防止や車両稼働の最大化、タイヤメンテナンス整備作業の合理化・軽労化への貢献も目指す。

 なお、今回の提携にはブリヂストンを含む6社が参画し、合計7,300万円を出資する。

 ■NEXT Logistics Japan概要
 ◇所在地=東京都新宿区西新宿1丁目26-2新宿野村ビル34階◇代表者=梅村幸生◇資本金=7億5,600万円

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた