PAGE TOP

南アフリカ、バイアスタイヤ専用工場

ブリヂストン、ポートエリザベス工場閉鎖に向けた協議を開始

タイヤ 2020-08-21

 ブリヂストンは現地時間の8月20日、グループ会社であるブリヂストン サウスアフリカ(BSAF)が保有するポートエリザベス工場(PE工場)の閉鎖に向けて関係者との協議を開始したと発表した。

 PE工場は、1936年に操業を開始したバイアスタイヤ専用工場。

 グローバルのタイヤ需要がバイアスタイヤからラジアルタイヤにシフトする中、PE工場が生産するバイアスタイヤの市場規模は縮小している。こうした需要構造の変化を踏まえ、これまでPE工場の操業を継続するためにあらゆる可能性を検討してきたが、競争力を維持しながら同工場の操業を継続することは困難との結論に至った。

 BSAFは今後、PE工場の閉鎖に向けて関係者と協議するとともに、閉鎖により影響を受ける252人の従業員とその家族、地域社会への影響が最小限に留まるよう対話を継続していく。

 なお、BSAFならびに主に乗用車用ラジアルタイヤおよびトラック・バス用ラジアルタイヤを生産する同社のブリッツ工場は、就業する2,000人以上の従業員とともに南アフリカ共和国において事業を継続し、引き続き高品質の製品・サービス・ソリューションを提供していく。

 なお、本件が当期の連結業績に与える影響は軽微としている。

 ■BSAF概要
 ◇会社名=Bridgestone South Africa(ブリヂストン サウスアフリカ)◇所在地=南アフリカ共和国・ハウテン州ヨハネスブルグ◇CEO=Jacques Fourie(ジャック・フーリエ)氏◇資本金=20万6,000南アフリカランド◇資本比率=ブリヂストングループ87.5%◇事業内容=自動車用タイヤの製造・販売

 ■PE工場概要
 ◇工場名=ポートエリザベス工場◇所在地 =南アフリカ共和国・東ケープ州ポートエリザベス◇生産品目=農業機械用バイアスタイヤおよび建設・鉱山車両用バイアスタイヤ◇操業開始=1936年◇従業員数=約250人◇生産能力=約500本/日

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界