PAGE TOP

「ECOPIA EP150」

ブリヂストン、三菱自動車工業の「eKクロス スペース」「eKスペース」に新車装着

タイヤ 2020-03-19

 ブリヂストンは3月19日、三菱自動車工業が3月から発売する新型軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」および「eKスペース」の新車装着タイヤとして、「ECOPIA EP150」の納入を開始したと発表した。タイヤサイズは、155/65R14 75S、165/55R15 75Vの2サイズ。

「ECOPIA EP150」


 「ECOPIA」は、ウェット性能や操縦安定性能などタイヤに求められる諸性能を高次元で維持しながら、転がり抵抗の低減を追求したタイヤブランド。

 今回納入する「ECOPIA EP150」は、新トレッドゴムを採用し転がり抵抗の低減を図るだけでなく、グリップ力を確保するためパタン剛性を向上させ、低燃費性能に加え操縦安定性能とウェット性能を高次元で両立させたタイヤとなっている。

 新型「eKクロス スペース」「eKスペース」は、高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」を設定し、快適空間だけでなく運転のしやすさや乗り心地の良さを持った車両。新車装着タイヤとして「ECOPIA EP150」を装着することにより安全性能・操縦安定性を両立し、快適性に貢献する。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界