PAGE TOP

2016年に続き2度目

横浜ゴム、「気候変動Aリスト2019」に選定

タイヤ 2020-01-22

 横浜ゴムは1月20日、持続可能な経済の実現を目指す国際的な環境非営利団体「CDP」から「気候変動Aリスト2019」に選定された。同リストは環境分野において国際的権威のあるもので、選定は2016年に続き2度目。

あいさつする松尾剛太横浜ゴム取締役常務執行役員


 CDPは、環境問題に高い関心を持つ世界の機関投資家や主要購買企業の要請に基づき、企業や自治体に、気候変動対策、水資源保護、森林保全などの環境問題対策に関して情報開示を求め、また、それを通じてその対策を促すことを主たる活動としている非営利組織。

 リストの選定はCDPの気候変動質問書に対して自社の気候変動情報を開示した企業を対象に行われ、2019年度は全世界8,000社以上の中から世界で179社、日本で38社がAリストに選定された。

 同日、東京都千代田区で開催された「2019年度CDP気候変動日本報告会」であいさつした松尾剛太横浜ゴム取締役常務執行役員(CSR担当)は「2018年度以降、中期経営計画『グランドデザイン2020(GD2020)』に取り組んでおり、CSR活動では持続可能な社会の実現を目指している。世界共通の目標である『持続可能な開発目標(SDGs)』推進のため、CSRスローガン『未来への思いやり-地球に生きる幸せと豊かさに貢献します』に基づいた活動を積極的に展開し、地球環境保全では二国間クレジット制度を活用したフィリピン生産工場への太陽光発電システムの導入や天然ゴムの持続可能な調達の実現に向けた取り組みを取引先や地域社会と共に進めていく」と語った。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界