PAGE TOP

早稲田大学との産学連携プロジェクト

ブリヂストン、「W-BRIDGE」2019年度研究委託先を決定

タイヤ 2019-07-22

 ブリヂストンと早稲田大学が連携して設置した研究プロジェクト「W-BRIDGE」(Waseda-Bridgestone Initiative for Development of Global Environment)は7月19日、2019年7月1日から2020年6月30日までの研究委託先候補として5件を採択したと発表した。

 W-BRIDGEでは、2019年4月1日から5月20日までの期間、ブリヂストンが定めた3つの重点テーマに基づいて、大学と一般の方々が連携して取り組む環境に関する研究課題を募集(委託費用総額:1,700万円)。応募案件の中から、W-BRIDGEの審査委員会、Co-Design会議、および運営委員会が厳正なる選考を行い、2019年度は5件を選定した。

 これらの案件で得られた成果は、W-BRIDGEのWebサイト(http://www.w-bridge.jp/)で情報を公開していく予定で、研究成果の報告会の実施も予定している。なお、2018年7月から2019年6月30日までを活動期間とした研究は終了し、今後W-BRIDGEが開催するシンポジウムなどで活動報告を行う予定。

 ■3つの重点テーマ(重点研究活動)
 ①森林環境分野=天然ゴム生産およびゴム農園周辺環境のサステナビリティ◇森林資源のDeforestation対策②モビリティ分野=持続可能な社会作りを前提とした条件不利地域におけるモビリティのアクセシビリティ③一般環境分野

 ■2019年度研究委託先
 重点テーマ①森林環境分野
 <天然ゴム生産およびゴム農園周辺環境のサステナビリティ>
 ◇研究・活動代表者=早稲田大学人間科学学術院准教授 平塚基志氏、ランブン・マンクラット国立大学(UNLAM)教授Ir. Mahrus Aryadi,M.Sc.氏◇団体名=国際緑化推進センター◇研究課題=森林保全におけるSDGs達成と民間企業とのパートナーシップの高度化に向けた方向性分析

 <森林資源のDeforestation対策>
 ◇研究・活動代表者=九州大学熱帯農学研究センター准教授百村帝彦氏◇団体名=FoE Japan◇研究課題=森林減少ゼロに寄与するサプライチェーン管理と持続可能性に配慮した原料調達の促進

 重点テーマ②モビリティ分野
 <持続可能な社会づくりを前提とした条件不利地域におけるモビリティのアクセシビリティ>
 ◇研究・活動代表者=群馬大学大学院理工学府教授天谷賢児氏/東京家政学院大学教授江川賢一氏/早稲田大学スマート社会技術融合研究機構客員主任研究員井原雄人氏◇団体名=2015年からの生活交通をつくる会/桐生再生/菱野団地コミュニティ交通協議会/枝光なつかしい未来◇研究課題=条件不利地域のコミュニティに新しい価値を生み出す公共交通維持モデルの構築

 重点テーマ③一般環境分野
 ◇研究・活動代表者=早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)准教授 岩井雪乃氏/早稲田大学日本語教育研究センター講師佐野香織氏◇団体名=学生食品ロス削減プロジェクト/ソーシャルアクションカンパニー/早稲田まちづくり実行委員会/アトム通貨実行委員会新宿支部◇研究課題=SDGsをめざす『Actcoin』による新たな社会価値創出

 ◇研究・活動代表者=早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科教授小野田弘士氏/助教李洸昊氏◇団体名=廃棄物対策豊島住民会議/広野わいわいプロジェクト◇研究課題=長期化する大規模環境破壊からの地域再生-新たなステークホルダーとのパートナーシップ-

 ※代表者名、団体名、研究課題は、採択時現在のもの。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界