PAGE TOP

経費削減、整備軽労化に貢献

ブリヂストン、コミュニティバス用タイヤに新製品

タイヤ 2019-01-22

DURAVIS G640


 ブリヂストンはコミュニティバス専用タイヤ「DURAVIS G640」を3月1日から発売する。発売サイズは1サイズで、価格はオープン。

 コミュニティバスは運行台数が全国で増加しており、既存のバスサービスではカバーできない生活道路での運行やバリアフリーなど利用者の利便性や多様化する需要に応えている。また、コミュニティバスは路線バスが運行できない狭路走行でき、バス亭間隔が短くGO&STOPが多いため、タイヤにとってはシビアな使用環境となっている。加えて運行の特徴上稼働時間が長く、整備時間確保が難しいことから、整備軽労化に繋がるロングライフ性能と耐偏摩耗性能の向上が求められている。

 「DURAVIS G640」はこれらの要望に応えた新製品で、従来品「DURAVIS M804」対比で耐偏摩耗性を向上した上で、摩耗ライフを40%向上、転がり抵抗13%低減を実現。コミュニティバスの市街地走行に適したロングライフと低燃費性能の向上による経費削減や、耐摩耗性能向上による整備軽労化に貢献できる製品となっている。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界