PAGE TOP

ブリヂストン、「CDPウォーター2017 Aリスト」企業に選定-水資源管理に対する取り組みで最高評価を獲得-

10月24日

 株式会社ブリヂストンは、国際NGOのCDP※1 による企業の水資源管理への対応に関する調査の結果、優れた対応を行っている企業として、最高位の「CDPウォーター2017 Aリスト」企業に選定されました。今回の調査は、700以上の企業を対象に実施され、当社を含む73社が「Aリスト」企業に選ばれました。

 当社グループは、「環境」を、今後「持続的な成長」を実現していくために取り組むべき重点領域の1つとして位置付けています。持続可能な社会の実現を目指し、2050年を見据えた「環境長期目標」を掲げ、グループ全体で事業と環境保全の両立に取り組んでいます。

 当社グループは、生産工程において冷却水や蒸気を利用しているため、水資源の持続的な利用は、グループの事業継続と切り離せない課題です。当社グループでは、2020年までにグループ全体の生産拠点における取水量原単位※2 を2005年対比35%削減するという中期目標を策定し、削減活動を進めた結果、2016年時点で28.5%の削減を達成しました。また、各生産拠点における水資源に関するリスク評価及びリスク低減活動を実施するとともに、お取引先様とともに水資源の持続的な利用に向けた取り組みを進めています。当社としましては、このような取り組みが今回の評価につながったと捉えています。これらの取り組みに関する詳細については、サステナビリティレポートをご覧下さい。

 なお当社は、CDPが2017年1月に発表した企業のサプライチェーンにおける気候変動対策を評価する「2016サプライヤー・エンゲージメント評価」において最高評価「A」を獲得し、「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」にも選定されています。

※1CDP(旧名称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)とは、英国を拠点に企業・都市の環境情報の調査・開示を行っている国際NGOです。世界の機関投資家を代表して、世界の主要企業に対して、気候変動や温室効果ガス排出、水管理等に関する情報開示を求め、調査・評価を実施しています。

※2事業ごとに生産量や売上高当たりの取水量を原単位として管理しており、それらの削減率の加重平均値を指標としています。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界