PAGE TOP

住友理工グループ、インドの国際建設機械技術見本市「EXCON 2017 」に出展

12月5日

 住友理工株式会社(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:松井徹)は、インドの産業用ホース製造・販売子会社Tokai Imperial Hydraulics India Pvt. Ltd.(本社:ラジャスタン州/略称:TIH)が、同国バンガロールで12月12日(火)から開催される国際建設機械技術見本市「EXCON 2017」に、ブースを出展しますので、お知らせいたします。

 近年、経済発展を続ける新興国を中心に旺盛なインフラ需要が続く中、インドにおいても、政府が今後10年で巨額のインフラ投資を見込んでおり、これを背景とした建設機械市場の拡大が予測されています。

 インドでの建機需要の増加を踏まえ、当社グループの産業用ホース事業は、同国に進出している日本、欧米、中国などの建機メーカー向けに高圧ホースの拡販活動を積極的に推進しています。

 本展示会には、TIHに出資している現地大手ホースアッセンブリメーカーImperial Auto Industries Limited(本社:ハリヤナ州/略称:IAI 社)と共同でブースを出展。当社グループからは、産業用ホース事業の主力製品であるスリムホース「SHDシリーズ」「SIBシリーズ」を展示します。両シリーズは長年日系建機メーカーの純正品として採用いただいており、スリムタイプでありながら振動や引っ張りに強く、高寿命化を実現しています。TIHでは日本と同等品質の製品を供給するため、生産から組み立てまでの一貫生産を実施しており、現地生産による納期短縮、輸送コスト低減、安定供給の面でもメリットがあります。

 当社グループは本展示会出展を通じて、建機メーカーや販売代理店とのコネクションの構築・強化を図り、インドにおける事業拡大を加速させてまいります。

 <開催概要>
 ◇展示会名=EXCON2017◇会期=12月12日(火)~16日(土)◇会場=バンガロール国際展示センター(BIEC)◇ブースエリア=3ホール C274

 <展示品紹介>
 ◇高圧ホース「SHDシリーズ」「SIBシリーズ」=建設機械、工作機械、特装車などの配管スペースが狭い箇所にも取り付けが容易なスリムで柔軟な高圧ホースです。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界