PAGE TOP

財務省貿易統計/日本ゴム工業会まとめ

16年のゴム製品輸出入実績、輸出入とも前年実績下回る

その他 2017-03-08

 財務省貿易統計をもとに日本ゴム工業会がまとめた2016年のゴム製品輸出入年間実績によると、輸出は8,194億円で前年比16.1%減、輸入は3,926億円で同8.5%減となり、ともに前年実績を下回った。輸出は3年連続、輸入は7年ぶりのマイナスとなった。

 輸出動向
  16年の輸出動向は1-12月全ての月で前年同月実績を下回り、12月を除く全ての月で2桁減となるなど年間を通じて停滞が続いた。
 年間の平均円相場は108.77円と、15年の121.09円から12.32円の円高となったことが響いたと思われる。

 製品別ではゴム引布が前年同期比11.3%増、医療衛生用品が同7.6%増、運動競技用品が同0.1%増と前年実績を上回ったほかは全品目がマイナスとなり、15品目中12品目が前年実績を下回った。主要製品の状況をみると、構成比で61%を占める自動車タイヤ・チューブは同20.7%減、ゴムベルトは同14.0%減、ゴムホースは同11.0%減といずれも2桁のマイナスとなった。

 月別では、自動車タイヤ・チューブは15年8月から17カ月連続、ゴムベルトは15年10月から15カ月連続で減少した。

 輸入動向
 16年の輸入動向は、輸出と同様年間を通じて停滞気味。5月と12月を除く全ての月で前年実績を下回り、そのうち5カ月が2桁の減少となった。

 製品別ではゴム底布靴類が同17.5%増となった以外は全品種でマイナスとなり、16品目中15品目が前年実績を下回った。主要製品の自動車タイヤ・チューブは同13.1%減、ゴムベルトは同33.1%減、ゴムホースは同19.4%減と大幅なマイナスとなった。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界