PAGE TOP

三重工場等の流域での取り組み紹介

横浜ゴム 、生物多様性パネルディスカッションを開催

その他 2022-03-31

 横浜ゴムは3月18日、第8回「生物多様性パネルディスカッション」をオンラインで開催した。

 パネリストに日本自然保護協会保護部の大野正人氏、司会進行役にエコロジーパス取締役で江戸川大学講師の北澤哲弥氏を招き、「流域で守る生物多様性保全」をテーマに積極的な意見交換を行なった。

 横浜ゴムは、2009年から同社平塚製造所の地域住民とともに環境について考えるイベント「Think Ecoひらつか」を開催しており、そのプログラムのひとつとして今回の「生物多様性パネルディスカッション」を設けて生物多様性の大切さを考える機会としてきた。

 今回のパネルディスカッションでは、同社三重工場での水源地から工場排水の流下先の海岸までの生物多様性保全の取り組みや、各工場流域での活動が紹介され、企業が生物多様性を守る意味について議論を深めた。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた