PAGE TOP

「エコラインアップ商品」など評価

住友ゴム 、DBJ(日本政策投資銀行)環境格付で最高ランク

その他 2021-12-03

 住友ゴム工業は、日本政策投資銀行(DBJ)による「DBJ環境格付」(企業の環境経営度の評価・格付制度)で最高ランクの格付を取得した。

 「DBJ環境格付」は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化し、優れた企業を選定する制度。

 住友ゴム工業では、企業理念体系「Our Philosophy」を基に、経済的価値のみならず社会的価値の向上に取り組み、持続可能な社会の発展に貢献していくことを、経営の基本方針とし、活動ガイドライン「GENKI(Green:緑化、Ecology:事業活動の環境負荷低減、Next:次世代型技術・製品の開発、Kindness:人にやさしい諸施策、Integrity:ステークホルダーへの誠実さ)」に沿って、優れた水準で環境経営を実践している。

 今回の格付では、前述の企業理念実践の過程で、以下の点が高く評価された。

 ①定量的な認定基準に基づき選定した環境配慮商品「エコラインアップ商品」や、更なる高機能化として、環境性能等を一層高めた「SMART TYRE CONCEPT」の搭載率やバイオマス・リサイクル原材料比率の長期目標を掲げ推進する商品開発への取り組み等を通じて、タイヤ1本当たりのライフサイクルCO2排出量の低減を図っている点。

 ②調達先に対するアンケートによる調査・指導等を通じて、サステナビリティに配慮した調達を推進していることに加え、廃タイヤを新たなタイヤに甦らせる更生タイヤ事業や廃タイヤのリサイクル等の省資源の取り組みにより、原材料である天然ゴムを持続可能な資源とすべく精励している点。

 ③新たに改組した全社横断的なサステナビリティ推進体制のもと、カーボンニュートラルを含む長期方針「はずむ未来チャレンジ2050」を策定するとともに、気候変動に関するシナリオ分析を実施しリスク・機会並びに戦略を明示する等、社会課題が大きく変化する中でも持続的に成長する姿を示すための取り組みを着実に進めている点。

 
 住友ゴムグループでは、地球環境に責任を持ったグローバル企業として、あらゆる企業活動を通じ、豊かさと地球環境が調和した社会を将来にわたって実現していくべく、企業の社会的責任を果たしていく方針。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた