PAGE TOP

17年12月期第3四半期業績

東海カーボン、カーボンブラック好調で大幅な増収増益

原材料 2017-11-02

 東海カーボンが11月2日に発表した17年12月期第3四半期(1-9月)業績は、売上高が750億6,700万円で前年同期比13.1%増、営業利益が75億7,000万円(前年同期は4億7,000万円の利益)、経常利益が87億9,500万円(同5億2,200万円の利益)、四半期純利益が85億700万円(同53億7,700万円の損失)となった。カーボンブラックの販売数量増、売価上昇が寄与し、売上高、利益とも大きく伸ばした。

 カーボンブラック事業部門は売上高が353億6,200万円で同27.2%増、営業利益が53億900万円で同61.7%増。対面業界であるタイヤ、自動車ともに堅調に推移し、販売量が増加した。また原料油価格変動分の価格改定を実施したことと、海外子会社の売り上げ増、コスト削減等により、大幅な増収増益となった。

 通期業績予想については、為替が予想に比べ円安で推移したことに加え、黒鉛電極の販売量増加やカーボンブラックの販売価格上昇等により、前回予想から上方修正した。

 ■通期業績予想
 ◇売上高=1,000億円(前回予想980億円、増減率2.0%増)◇営業利益=105億円(同85億円、同23.5%増)◇経常利益=120億円(同97億円、同23.7%増)◇当期純利益=108億円(同91億円、同18.7%増)

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界