PAGE TOP

年産2万3,000トン、2020年代後半の運転開始前提

JXTGエネルギー、サウジでENBのFS開始

原材料 2020-04-17

 JXTGエネルギーは4月17日、サウジアラビアでエチリデン・ノルボルネン(ENB)製造装置新設の事業化可能性調査(フィージビリティスタディ(FS))を開始したと発表した。年産2万3,000トン、2020年代後半の商業運転開始を前提に検討を進める。

 ENBは、自動車の窓枠やラジエターホースなどに使用されるエチレンプロピレンゴム(EPDM)の製造に欠かせない成分。中長期的に見込まれる世界的な自動車生産の増加に伴い、同成分の需要も堅調に拡大すると見込まれている。

 同社グループは1979年の日本での生産開始以来、日米で生産体制を拡大してきた。現在は日本(茨城県神栖市)に1系列、米国(テキサス州ヒューストン)に2系列の製造拠点で、世界最大となる年産6万8,000トンの生産能力を有す。北米、欧州、アジアのタンクターミナルから成る供給ネットワークを通じて、世界で事業展開している。

 今般FSを開始したサウジアラビアでは、Saudi Arabian CompanyとTotal Raffinage Chimieが出資する2025年操業開始予定のAMIRALプロジェクトの原料供給を背景に、継続的な成長が見込まれるENB需要に対する生産体制の構築が可能となる。日米に次ぐ第3の拠点として、同地の既存顧客はもとより、世界の全顧客へ向けた供給体制を盤石とするために、ENB製造装置新設の検討を開始した。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界