PAGE TOP

【特集】CMB

モリタゴム、MTCシリーズ主体に拡販図る

原材料 2018-05-23

 モリタゴムのゴム精練部門の最近の状況は、黒物は20・55・75リットルニーダーによるB練り主体に比較的堅調に推移している。しかしオーダーは、年々小ロット多品種化傾向にあるため、段取り替えやクリーニングタイム頻度増加などにより、歩留まりが低下傾向にある。このため創業以来独自技術を駆使して、生産効率アップを図っている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界