PAGE TOP

2030年までに50%低減へ

豊田合成、廃棄物低減の中期目標設定

工業用品 2021-08-19

廃棄物削減に向けた計画


 豊田合成はこのほど、廃棄物を2030年までに2012年度比で50%低減する中期目標を新たに設定した。カーボンニュートラルに向けた活動の一環。

 同社は2021年4月、森町工場(静岡県周智郡)で各種ウェザストリップ製品のリサイクル工程を専用棟に集約。生産時に発生する廃棄ゴムを原材料に戻して再利用する取り組みを強化している。

 リサイクル工程では、製品の強度を高めるために組み込まれた金属を磁石で吸着して 除去する「金属分離」、同社独自技術を活かしゴムと硫黄化合物の分子結合を解いて加硫前の状態に戻す「脱硫再生」などを行う。

 ゴムに弾性などを持たせる分子結合を解いてゴムの原材料に戻す「脱硫再生」は、①廃ゴムを約0.5ミリに砕く微粉化ゾーン②複雑な形状の2本のスクリューを高速回転し、温度やスクリューの回転数を最適に保つことで、ゴムを構成する高分子の結合は残しつつ、ゴムと硫黄化合物の結合のみを選択的に切断する脱硫ゾーン③脱硫反応中に水を注入することで、臭気成分を水に溶解させ、排気ベントから蒸気と一緒に脱気させる「水脱臭技術」を用いた脱臭ゾーンで構成されている。

 今後、同技術をグループの工場などでも活用し、廃棄物の低減を進めていく。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた