PAGE TOP

需要先が落ち込み第1四半期は約15%減収

【インタビュー】十川ゴム社長 十川利男氏

会員限定 工業用品 2020-07-27

 2020年3月期業績は、自動車産業用、住宅設備産業用の落ち込みにより減収減益だった十川ゴム。足元は新型コロナウイルスの影響で需要が減少し、工場の稼働も落ちているが、「この機会を利用して、若手への技能伝承や設備メンテナンスを進めていく」と、十川利男社長は話す。製造現場では原価低減を図りながら、省人化やIoT化を図っていかなければならないという考えだ。

コロナ機会に若手への技能伝承推進

 ■2020年3月期業績
 売上高は140億200万円で前期比3.0%減、経常利益は2億3,500万円で同23.3%減だった。船舶・車両産業用、一般機械産業用、医療機器産業用に加え、ガス産業用も好調に推移したが、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界