PAGE TOP

23人が参加、熱心に聴講

西部ゴム商組、働き方改革関連法に関するセミナーを開催

商社 2019-03-12

講師の解説を熱心に聞く参加者


 西部工業用ゴム製品卸商業組合は3月6日、大阪・堂島浜の中央電気倶楽部で、経営者や役員、人事労務担当者を対象に「“働き方改革関連法”と企業の実務対応セミナー」を開催した。

 昨年6月に成立した“働き方改革関連法”では、「有給休暇の5日取得義務化」「時間外労働の上限規制」「労働時間の把握方法と健康管理機能の強化」「パート有期法の成立に伴う非正規社員と正社員との待遇差の是正」など多岐にわたり法改正された。

 そこで今回、専門家である特定社会保険労務士の三島佐智氏(LLC夢さぽーとIT 三島労務管理事務所)を招きセミナーを開催したもの。

 セミナーでは、均等・均衡待遇に関する法整備の内容や、均等・均衡を考慮した労務管理のチェックポイントを、不合理な労働条件について争われた裁判の事例を参考にしながら、分かりやすく解説した。特に、中小企業に影響のある改正点を取り上げ、制度の説明と実務対応の注意点に焦点をあてた内容で有意義だった。

 参加者は23人で、皆熱心に聴講した。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界