PAGE TOP

現在はバリューチェーン全体にわたり事業展開

ブリヂストン、タイ事業50周年記念式典を開催

タイヤ 2017-09-21

式典の様子


 ブリヂストンは9月18日、タイで同社グループ事業が50周年を迎えたことを記念し、首都バンコクで式典を開催した。

 式典には来賓としてアチャカ科学技術大臣、タイ投資委員会ヒランヤ長官をはじめとしたタイ政府関係者、現地ビジネスパートナーなどを招待するとともに、同社グループからは津谷正明取締役代表執行役CEO、西海和久取締役代表執行役COOをはじめとしたグローバルの主要役員が出席した。

 同社は1967年、タイにおける同社初の本格的な事業拠点としてThai Bridgestoneを設立。現在ではタイヤ工場(4カ所)、原材料・設備関連工場(5カ所)、多角化製品工場(2カ所)といった生産拠点に加え、アジア・大洋州地域でのタイヤ研究・開発を担うBridgestone Asia Pacific Technical Centerや、広範な自社タイヤ小売網を有するなど、バリューチェーン全体にわたる事業展開をしている。

 さらに、航空機用タイヤソリューションの海外拠点として、新品タイヤとリトレッドタイヤの新工場をそれぞれラヨーン県とチョンブリ県に建設することを昨年末に発表した。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界