PAGE TOP

オートバイを運転する“夢”を支えるボランティア活動も共催

日本ミシュランタイヤ、社内イベント「わくわくフェスティバル 2〇22」を初開催

タイヤ 2022-10-18

 日本ミシュランタイヤは10月15日、社内イベント「わくわくフェスティバル 2〇22」を初開催し、この中でSSP(Side Stand Project:代表理事=青木治親氏)が主催する障がいを抱えた人のための走行会を実施した。

 SSPはオートバイを運転する“夢”を支える非営利団体。群馬県出身で、幼い頃からオートバイレースに出場し「ロードレース界の伝説」とも呼ばれる青木兄弟も参加し、パラモトライダー3人が走行体験会を楽しんだ。

ロードレースライダー、青木三兄弟/左から長男:宣篤氏、次男:拓磨氏、三男:治親氏


 同イベントは、“We are 〇ne MICHELIN~つなげよう、わくわくの輪~”をスローガンに、ミシュランのビジョンや活動を深く知ることで新たな気づきを促し、社員同士の交流を深めるために開催。この目的に沿い、SSP走行体験会に加え、新製品およびソリューション、レーシングカーの展示、金属積層造形アトリエの見学、グループや社員の価値観を多面的に知るためのワークショップなど、多彩なアトラクションを実施した。

 日本ミシュランタイヤは、新たな価値創造に向けて改革を推進するため、2023年8月 に、本社を東京都新宿区から群馬県太田市に移転する。日本のものづくりおよび自動車産業の集積地である群馬県は、ミシュランが1991年からR&D拠点を置くゆかりの地でもあり、ここから革新的なビジネス創出を加速する。社員は、真のワンチームとなり市場のニーズに呼応できる体制を構築し、積極的に外部・内部のシナジーを開拓するため、昨年新たに自らの行動指針「わくわくで動かせ」を策定した。この指針の“誕生日”を太田およびオンラインで共に祝うことにより、全員で一層多様なコラボレーションと挑戦を続けていく。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた