PAGE TOP

【特集】ゴム用機械・試験検査機

小松原、各種ドラム装置に注力展開

その他 2017-10-04

 小松原の最近の状況としては、主力の繊維用機械は繊維メーカーの設備更新需要が旺盛だったことを受け堅調に推移している。繊維に次いで売上高が大きいゴム用機械は、連続加硫装置やホース関連向けの加硫装置の販売が順調だった。またタイヤメーカー向けで、ゴムシートを冷却するドラム装置販売も好調となっている。

 OEM関係も堅調で、電気自動車用電池や炭素繊維の製造設備向け機械装置の販売が伸長した。同社では電気自動車用電池や炭素繊維メーカーの設備投資意欲は非常に高く、今後もこうした業種向けの機械装置の販売が伸びていくと期待している。

 同社が現在注力展開しているのが「クーリング・加熱ドラム装置」。同装置は冷却水や蒸気をドラムに通すことにより冷却・加熱する機種で、ゴムシートの冷却・加硫をはじめ繊維や不織布の冷却・加熱に適している。

 ドラムやロールを製作する場合、切削加工とメッキ処理をして製作するのが一般的だが、切削タイプの場合、加工上の問題で、どうしても胴部の材料厚みが他の部分よりも厚くなってしまい、冷却効率が低下するという欠点があった。

 小松原のクーリング・加熱ドラムは、独自技術の駆使によりステンレス薄板を曲げてドラムを製作しているため、厚みが均一で薄く、冷却や加熱効率が向上している。さらに厚みを薄くできることで材料費も抑えられ、装置製作のコストダウンにも繋がっている。同社では、標準品から特注品まで幅広く対応可能で、設計から開発・製作まで同社が一貫して行っている。

 また、金属メッシュコンベヤ(ネットコンベヤ)の汚れや目詰まりを洗浄する「自動洗浄FVワッシャー」の販売にも注力している。同装置は、凹凸のあるローターを回転させ、振動(水中では波動とも言う)を発生させることで金属メッシュコンベヤを洗浄する機種で、衛生管理が厳しい食品分野での拡販を目指している。今後、積極的な営業で採用を獲得し、それを導入成功事例としてPRすることで、販売拡大に繋げていきたいとしている。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界