PAGE TOP

46人の入学者全員が卒業

第55回関西ゴム技術研修所卒業式が開催

その他 2017-06-08

来賓、運営委員らを囲んで

祝辞を述べる山口所長


 関西ゴム技術研修所の卒業式が6月1日、大阪・靭本町の大阪科学技術センターで行われた。卒業式には、来賓として大西宏志近畿経済産業局産業部次長をはじめ稲村邦男大阪府商工労働部ものづくり支援課課長補佐、新田長彦大阪ゴム工業会相談役、駒水謙二日本ゴム協会理事らが参列の中、百武健一郎副所長のあいさつで開会となった。

 卒業式では研修経過概要の報告の後、山口幸一所長(日本ゴム協会元会長)が「今回ご卒業の皆さんは46人で入学し、46人全員が出席率も高くまた成績も優秀だった。各カリキュラムでゴムについて幅広く学んだと思うが、ゴムは奥深くこれからやっとスタートラインに立ったと思って欲しい。ここ何年か、東京でゴムに関する会合に出席すると当研修所の卒業生と会うことが多くなり、頼もしいと思っている。今後は先輩の持っている知識や技術を取り込んでもらいたい」とあいさつし、祝辞に代えた。引き続き卒業証書授与に移った。

 また優秀な成績を収めた特別賞(10人)、基準に適合した成績優秀賞(31人)、研修生が投票で選出する山下晋三賞(1人)、研修期間中卒業式も含め全て出席した皆勤賞(30人)、同95%以上出席した精勤賞(13人)などの表彰式が行われた。
 特別賞の中でも特に成績が優秀だった松田和朗(バンドー化学)、村松佑紀(共和)、山根和久(ニッタ)の3氏に近畿経済産業局長賞を、同じく小竹智子(十川ゴム)、土谷太貴(加貫ローラ製作所)、森本幸貴(ニッタ)の3氏に大阪府知事賞が授与された。

 今回新設された所長特別賞としては升田貴文(バンドー化学)、富田隼士(ニッタ)の両名とインドネシアからヤマウチに出向の形で入学した宋昌氏(HUNG-A INDONESIA)も表彰された。さらに、山下晋三賞には女性で2人目の原智世加さん(高石工業)が研修生から選出され受賞した。

 なお、卒業式の前にはヤマウチの井野照氏と田原章年氏が「ヤマウチのTPM活動の紹介」と「弾性を中心としたゴムのおはなし」をテーマに記念特別公演が行われた。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界