PAGE TOP

プロギアで新規に

横浜ゴムが女子プロ森田理香子選手と契約

その他 2016-02-22

野地社長(右)と森田選手

野地社長(右)と森田選手


 横浜ゴムは2月18日午前10時30分から、東京・新橋の本社で同社野地彦旬社長が出席して記者会見を開き、女子プロゴルファーの森田理香子選手(リコー所属、身長164㎝、26歳)と新規契約を締結したと発表した。

 13年に賞金女王を獲得した森田選手と同社との契約内容は、PRGR(プロギア)ブランドのゴルフクラブ、グッズ、さらにコーポレートシンボル「YOKOHAMA」のロゴが入ったキャップ、サンバイザー、キャディバッグの使用契約となっている。

 会見で野地社長は「森田選手はジュニア時代から活躍し、08年プロデビューして以来、女子プロの中心選手として活躍している。当社とは複数年契約なので、一日も早く優勝してほしい」とあいさつ。

 会見に同席した森田選手は、プロギアの印象を聞かれて「クラブはポテンシャルが高いと感じている。特にアイアンのヘッドの顔がいい。見た目は小さく細くて難しいが、打感と弾道にひかれている」と話した。

 森田選手はツアー通算7勝を挙げており、3年ぶりの賞金女王奪還を目指す今シーズンは、PRGRブランドのドライバー「iD nabla RS01」、アイアン「iD nabla TOURIRON」などのクラブやキャディバッグでツアーを戦う。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界