PAGE TOP

11月から英国の摩耗試験機

テックプロジャパン、ジェームス・ヒル製品を展開

その他 2016-10-28

エラストマー・アブレーション・テスター

エラストマー・アブレーション・テスター


 テックプロジャパン(東京都福生市、勝部晋社長)は、イギリスの試験機器メーカー「ジェームス・ヒル(JameS Heal)」社と輸入代理店契約を締結し、11月から同社のゴム関連試験機器の展開を開始する。ゴム分野におけるジェームス・ヒル社製品の国内展開は、テックプロジャパンが初となる。

 ジェームス・ヒルは、繊維関連向けの試験機主体に展開し、世界各国で多くの販売実績を有している。近年は繊維で培ってきたノウハウを基に、ゴムやエラストマーなど高分子関連素材の試験機器も数多く展開しており、ドイツのフォルクス・ワーゲンが自社内試験機の標準機種として認定しているなど、その高性能には定評がある。

 テックプロジャパンが展開開始するのは、「エラストマー・アブレーション・テスター」で、ゴムなどの摩耗係数を測定する機種。同機はフォルクス・ワーゲンの規格のほか、ドイツ工業規格のDIN規格やアメリカの工業規格であるASTM規格などにも準拠する高性能を有している。

 従来の摩耗試験機は、一回の測定で1サンプルのみしか測定できない機種が大半だったが、同機は4サンプルを同時に測定可能となっており、試験時間の大幅な効率向上に貢献する。

 同機の測定方法は、支持グリップの中央部分にサンプルを入れ、この支持グリップを4個のグリーティングストーン(砥石台)上を、任意に設定した時間とスピードで回転や往復など移動させて測定する方式となっている。なお時間やスピードは自由に設定でき、削りカスはエアーにより吹き飛ばすため、高精度測定を実現している。

 テックプロジャパンでは、日本国内のゴム及び樹脂など高分子素材関連の企業主体に積極的に拡販を図って行く方針でいる。

 問い合わせは同社(東京都福生市牛浜92-6 電話042・553・0576)まで。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界