PAGE TOP

増収79社、前年度より31社増加

ゴム関連企業17年度売上高100社ランキング

その他 2018-08-27

売上高伸長も利益面ではやや伸び悩む

 ゴム報知新聞は、2017年度全国ゴム関連企業の業績を7-8月にかけて独自に調査した。それによると上位100社(単体)のうち増収は79社にのぼり全体の4分の3以上を占めた。16年度の調査では48社だったので、増収企業は31社増えたことになる。そのうち2ケタ増収は16位の三菱電線工業(前期比43.3%増)、52位の相模ゴム工業(同38.2%増)、86位のTRRノブカワ(同20.0%増)など20社で、16年度の7社から13社増加した。

 利益面をみると、営業増益が42社(前年度調査50社)、経常増益が50社(同53社)、当期増益が46社(同44社)となった。営業、経常、当期とも増加したのは31社((同34社)。増収増益(営業、経常、当期とも)を達成した企業は、ブリヂストン(1位)、信越ポリマー(12位)、バンドー化学(14位)、日本バルカー工業(20位)など29社(同19社)となった。

 上位100位の売上高合計は4兆1,289億8,100万円で前期比5.2%増、一方営業利益は2,687億4,500万円で同6.7%減。売上高の伸長と比べ利益面ではやや伸び悩んだが、2位の住友ゴム工業の減益幅が大きく全体に影響した。自動車や土木・建築、半導体関連など対面業界の活況を受けて販売面では堅調だったが、原材料価格や運送費、ユーティリティコストの上昇など利益面で影響を受けたと思われる。

 売上高上位10社は、ブリヂストン、住友ゴム工業、豊田合成、横浜ゴム、NOK、東洋ゴム工業、住友理工、イノアックコーポレーション、アキレス、オカモトの順。顔ぶれは16年度と同じで、アキレスが(10→9位)と順位をひとつ上げた。

 ゴム企業業績調査のランキングおよび分析編については、姉妹誌「月刊ラバーインダストリー」9月号で特集する。

 同雑誌の購入はこちら

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界