PAGE TOP

錫フリー化でグリーン調達のニーズに対応

リケンテクノス、環境対応型のACS樹脂を開発

原材料 2022-11-16

 リケンテクノスは、 硬質で高耐候性と難燃性を有するACS樹脂の錫フリー化を実現。環境対応型グレードを新たにラインアップに加えた。

 ACS樹脂は、ABS樹脂に類したアクリル系(A)、塩素系(C)、スチレン系(S)ポリマーを主成分とした成形性に優れる材料。

 また、一般的な硬質系難燃樹脂は耐候劣化が著しいことが知られているが、ACS樹脂は難燃樹脂の中でも優れた耐候性を有しており、白系色調でも使用できるほか、電気特性も優れている。難燃かつ高耐候な硬質樹脂であることから、住宅や工業用メーター取り付け盤、スマートメーター筐体、火災報知機など多くの実績を積み上げてきた。

 優れた特性を持つ一方で、ACS樹脂は添加剤の一部に有機錫化合物を使用している。有機錫化合物を含んだプラスチック製品においては世界各国でさまざまな法規制の対象となっており、ACS樹脂は各社のグリーン調達基準に適合しないことがあった。

 今回同社では、ACS樹脂の優れた性能は保持したままに錫フリー化を実現し、環境対応型ACS樹脂を開発。今後は電材業界をはじめ、幅広い業界への展開を視野に入れたサンプルワークを進めていく。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた