PAGE TOP

需要増に対応

UBE、タイでPCDを増強

原材料 2022-08-29

 UBEは、アジア圏での需要拡大に対応するため、タイ現地法人UBE Fine Chemicals (Asia) において、ポリウレタン原料のポリカーボネートジオール(PCD)のⅢ期製造設備の増強に着手した。

タイで稼働中のPCD製造設備


 2023年8月稼働予定で、生産能力は現在の年産8,000 トンから同1万2,000 トン規模となる。

 PCDはUBEの主力製品の一つで、主に高級ポリウレタンの主原料(ポリオール成分)として使用されており、自動車、家具、建材などのコーティングや合成皮革、接着剤などに採用が広がっている。さらに、PCDを使用したポリウレタンは、耐熱性・耐加水分解性・耐油性・耐候性等の機能が大幅に向上するだけでなく、肌触りの良さなどを備えた素材としての高級感も含めて多くの面で性能が優れており、需要が急拡大している。

 また、揮発性有機化合物(VOC)排出規制強化などへの対応のため、溶剤を含まない環境対応型水性塗料(水系ポリウレタンディスパージョン:PUD)の原料としてのニーズも高まっている。

 近年は、特に中国を中心としたアジア圏での消費者の高級・高機能志向の高まりもありPUDへの切り替えが増えており、引き続きPCDの需要増が見込まれるため、需要地であるアジア域内のタイにおいて増設を決定した。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた