PAGE TOP

平野社長「勝ち残りを目指した」

テクノUMGが設立

原材料 2018-04-12

説明する平野社長


 4月1日、ABS等のスチレン系樹脂を生産、販売するJSRの子会社「テクノポリマー」と宇部興産、三菱ケミカルの折半会社である「UMG ABS」が統合、新会社「テクノUMG」が設立した。新会社は売上高が850億円、生産能力が40万トン(四日市25万トン、宇部10万トン、大竹5万トン)と国内ABSメーカーとしては最大規模。4月11日に開催された会社設立説明会で、テクノUMGの平野勇人代表取締役社長は統合について「勝ち残りを目指したものだ」と語った。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界