PAGE TOP

18年3月期第3四半期業績

日本ゼオン、汎用ゴムの販売が海外で大幅増に

原材料 2018-02-05

 日本ゼオンの18年3月期第3四半期(17年4-12月)業績におけるエラストマー素材の売上高は1,460億円、前年同期比22%増となった。このうちゴムは1,041憶円、同29%増、ラテックスは145億円、同14%増、化成品は255億円、同6%増となった。

 販売数量ではゴムが26万7,000トン、同19%増、ラテックスが9万7,000トン、同12%増、化成品は9万5,000トン、同2%増となった。

 ゴムはタイヤ向けの汎用ゴムが前年同期比24%増加した。国内向けは横ばいだったが、海外が同43%増となった。また特殊ゴムは全体で同5%増となり、国内は2%増、海外は6%増となり、米国のシェールガス掘削リグ向けなどが活況となった。特殊ゴム比率は数量ベースで前年同期31%だったものが27%に、金額ベースで同56%が51%となっているが「汎用ゴムの販売増が目立つ中で、特殊ゴムの実需も伸びている」(同社)状況だ。また、ラテックスは手袋用途や樹脂改質用途が堅調に推移した。

 通期業績予想を上方修正へ
 日本ゼオンは1月31日、18年3月期連結業績予想の上方修正を発表した。18年3月期第3四半期(17年4-12月)で売上高2,510億1,700万円、前年同期比19.2%増、営業利益306億8,000万円、同42.0%増、経常利益328億5,500万円、同48.0%増をはじめ各セグメントにおいても増収増益決算とし、売上高、営業利益、経常利益は過去最高となったことを踏まえたもの。

 それによると、売上高を3,350億円(前回予想3,250億円、増減率3.1%増)、営業利益390億円(同350億円、同11.4%増)、経常利益420億円(同380億円、同10.5%増)としている。一方、当期純利益については減損損失を計上し130億円(同250億円、同48.0%減)と予想、修正した。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界