PAGE TOP

【17年3月期決算説明会】

三ツ星ベルト、営業益が4期連続の過去最高

工業用品 2017-05-30

 三ツ星ベルトの17年3月期営業利益は、4期連続の過去最高益を更新した。同期の営業利益は82億7,800万円で前期比8.5%増。為替円高に伴う売上高減少の影響はあったものの、原材料価格低下、減価償却費の減少、生産性アップなど内部努力、労務費・人件費の減少により、増益を確保、過去最高益を更新した。一方の売上高は、自動車用ベルト、一般産業用ベルトが中国、アジアを中心に販売量を伸ばしたものの、為替円高の影響を受け同1.0%の減収となった。

 18年3月期業績は、売上高が670億円で前期比0.9%増、営業利益が74億円で同10.6%減、経常利益が74億円で同12.8%減、当期純利益が53億円で同20.5%減と一転して減益を見込む。

 同社は、今期から新たな中期指針として「’17中期指針」を策定しており、今期はその1年目にあたる。同指針では「為替はどう動くか分からないため、一番悪い想定」(三ツ星ベルト)として、為替の前提を1ドル100円、1ユーロ110円と現状よりも厳しく設定した。それが影響する。営業利益率については、同指針で目標としている11%以上を確保する。「高品質の製品を安く作るのが、メーカーとしての使命」(同)として、今後も原価低減を進めていく方針だ。

 今期の設備投資額は約35億円を予定。試験研究設備の充実、拡販に向けた生産設備の増強などを行う。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界