PAGE TOP

2022年3月期業績

オカモト、生活用品は減収大幅増益

工業用品 2022-05-13

 オカモトの2022年3月期業績は、売上高が895億8,100万円で前期比3,7%増、営業利益が75億4,100万円で同8.8%減、経常利益が93億1,000万円で同4.9%減、純利益が55億7,700万円で同2.1%減だった。

 産業用製品は売上高が571億4,300万円で同6.4%増、営業利益が16億800万円で同53.5%減。自動車内装材は新型コロナによる自動車減産が回復基調となり増収。フレキシブルコンテナは、石油化学向け需要が減少したことで減収となった。

 生活用品は売上高が321億9,400万円で同0.8%減、営業利益が75億9,800万円で同16.3%増。コンドームは国内需要の回復と海外向けの好調持続により増収。手袋は、医療用は需給バランス悪化の影響を受けたが家庭用は堅調。産業用・理美容向けも好調に推移したことで全体では増収だった。

 物流受託事業および太陽光発電事業を含むその他は売上高が35億5,400万円で同1.4%減、営業利益が2億8,200万円で同4.6%減となった。

 2023年3月期通期業績予想は売上高920億円で前期比2.7%増、営業利益65億円で同13.8%減、経常利益74億円で同20.5%減、純利益47億円で同15.7%減を計画している。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた