PAGE TOP

2022年3月期業績

タイガースポリマー、営業利益は11.1%増

工業用品 2022-05-11

 タイガースポリマーの2022年3月期業績は売上高が408億7,800万円で前期比11.7%増、営業利益が12億8,000万円で同11.1%増、経常利益が17億9,700万円で同23.2%増、純利益が8億3,100万円で同8.1%増だった。

 日本は売上高が208億2,900万円で同4.7%増、営業利益が6億9,600万円で同1.2%増。自動車部品・ゴムマット類の販売は減少したが、産業用ホース・家電用ホース・ゴムシート類の販売が増加した。

 米州は売上高が141億6,000万円で同30.0%増、営業損失が1億9,900万円(前期は2億5,000万円の損失)。自動車部品は、前期のロックダウンによる操業停止の反動で販売は増加したが、原材料費や人件費、諸経費が増加し、増収減益。産業用ホースは、需要の持ち直しと原材料費の上昇に対する価格改定や生産効率の改善効果により増収増益。メキシコの自動車部品は、円安による為替換算上の影響により増収となったが、原材料費や諸経費が増加し減益となった。

 東南アジアは売上高が29億6,800万円で同21.3%増、営業利益が2億2,800万円で同517.7%増。タイは自動車部品の国内販売や米州向け販売が増加し増収増益。マレーシアは家電用ホースの販売が減少したことに加え、人件費や諸経費が増加し減収減益となった。

 中国は売上高が68億9,000万円で同9.1%増、営業利益が5億5,500万円で同5.2%減。自動車部品の販売は減少したが、家電用ホースの販売が増加したことに加え、為替換算が影響した。

 2023年3月期は売上高448億円で前期比9.6%増、営業利益16億5,000万円で同28.9%増、経常利益17億5,000万円で同2.6%減、純利益9億5,000万円で同14.2%増を見込んでいる。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた