PAGE TOP

独自のゴム・樹脂ポリマーアロイを活用

横浜ゴム、自動車用エアコンホースの大幅軽量化に成功

工業用品 2021-07-29

 横浜ゴムは、ゴム・樹脂ポリマーアロイ(海相が樹脂で構成され、島相がゴムで構成される海島構造体)を用いることで自動車用エアコンホースの大幅な軽量化に成功した。現在、実用化に向けて開発を進めており、2024年からの本格的な事業展開を目指す。

 今回、軽量化に成功したホースは、同社の独自技術を駆使して開発したゴム・樹脂ポリマーアロイを用いることで柔軟性、耐熱性といったゴムの特性を活かしながら、樹脂の高いガスバリア性によって従来比50%の大幅な軽量化を実現。また、ホースを製造する際、多量の熱を使う加硫が不要のため、カーボンニュートラル達成にも貢献する。

 同社はホースと配管を一体化した設計・評価を強みとしており、さまざまな顧客要求、配管レイアウトに対応することが可能になる。配管についてはオール樹脂化を進め、ホースと配管の組み合わせでも大幅な軽量化を実現する。今後は実用化に向けた開発を継続しながら、他の自動車配管への参入も目指す。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた