PAGE TOP

2021年3月期業績

朝日ラバー、工業用ゴム事業は減収減益

工業用品 2021-05-13

 朝日ラバーが5月13日に発表した2021年3月期業績は売上高が64億8,700万円で前期比13.4%減、営業損失が9,200万円(前期は3億2,500万円の利益)、経常利益が1,800万円で同94.7%減、純利益が1億1,300万円で同10.2%減だった。

 工業用ゴム事業は売上高が53億3,600万円で同15.0%減、営業利益が1億2,100万円で同72.8%減。第2四半期までは自動車向け製品全般、卓球ラケット用ラバー、RFIDタグ用ゴム製品などの売上高が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受けて減少していたが、第3四半期以降は経済環境の好転を受け自動車向け製品全般の受注は回復傾向となった。また卓球ラケット用ラバーも活動の再開によって受注は回復傾向にある。

 医療・衛生用ゴム事業は売上高が11億5,100万円で同5.1%減、営業利益が1億1,200万円で同40.0%減。第3四半期から新型コロナの影響で医療診断の変化等による在庫調整の影響を受け、プレフィルドシリンジガスケット製品の受注減少があった。一方、採血用・薬液混注用ゴム製品の受注は堅調に推移した。

 2022年3月期業績予想は売上高が71億8,100万円で前期比10.7%増、営業利益が2億8,300万円(前期は9,200万円の損失)、経常利益が2億8,100万円で同1438.6%増、純利益が2億1,000万円で同84.6%増。

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた