PAGE TOP

新型コロナ感染防止に貢献

朝日ラバー、フェイスシールドを医療機関に無償提供

工業用品 2020-05-13

無償提供されたフェイスシールド


 朝日ラバーはこのほど、医療現場で新型コロナウイルスに対応する飛沫感染防止のフェイスシールドを製造し、福島県臨床工学技士会に無償提供したと発表した。

 フェイスシールドは、ベッド上で患者の頭部をカバーし、咳やくしゃみなど、人工呼吸器装着時の飛沫を防止することで、医療従事者を感染リスクから守るための製品。今回提供したシールドは、ベースにステンレス、シート部には塩化ビニル樹脂を使用したもので、縦40㎝×横60㎝×高さ50㎝の仕様となっている。

 朝日ラバーでは、医療機関で感染防具が大幅に不足するなか、加盟する福島県医療福祉機器産業協議会より、フェイスシールドの依頼および情報提供を受け製造をスタート。医療用のゴム製品の製造・販売を行う企業として貢献できることを検討した結果、無償提供することになった。

 製品は、5月12日に福島県医療福祉機器産業協議会から福島県臨床工学技士会を通じて、地域の医療機関に30個提供された。同社では今後も、医療機関からの要請に応じて対応していく方針。

関連記事

人気連載

  • マーケット
  • ゴム業界の常識
  • とある市場の天然ゴム先物
  • つたえること・つたわるもの
  • ベルギー
  • 気になったので聞いてみた