PAGE TOP

自動車分野以外での開発も視野に

住友理工、次世代に向けたスマートラバーの製品開発

会員限定 工業用品 2019-09-13

 100年に一度の変革期と言われる自動車産業。CASE(繋がる車、自動運転、シェアリング、電動化)がトレンドになるなど、既に新たなステージへの歩みが始まっている。自動車用の防振ゴムやホースをメインに事業を展開する住友理工では、次世代に向けた新たな事業展開の一環として、同社独自の高分子材料技術を応用した製品開発に取り組んでいる。今回は、独自開発の柔軟導電ゴム材料「スマートラバー(SR)」を軸とした自動車分野での製品開発および用途開発について話を聞いた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界