PAGE TOP

センサ用高機能材料などの開発を加速

豊田合成、 AIスタートアップに出資

工業用品 2019-08-30

 豊田合成は8月29日、材料開発の迅速化に向けて人工知能(AI)を活用するため、トライエッティングに出資したと発表した。

 トライエッティングは、各種ソフトなどを統合したAIプラットフォームを提供する名古屋大学発のスタートアップで、AIやビッグデータを駆使して新たな材料を迅速に開発するマテリアルズ・インフォマティクスなどに強みを持つ。

 豊田合成は、CASEなど新技術の進展による加速度的な事業環境の変化に対応するため、コア技術のゴム・樹脂部品に、センサなどの電子部品を融合することによる製品の高付加価値化を進めており、電子技術に対応した高機能材料の開発も急務となっている。

 今回の出資により、豊田合成が長年培ってきた材料設計の知見にトライエッティングのAI技術を組み合わせ、材料の無数の配合パターンなどの素早いシミュレーションを可能にする。

 これにより豊田合成は、LiDAR(赤外線レーザを照射し、対象物に反射されて戻ってくる時間によって距離と方向を測る装置)などのセンサに用いる高機能材料などの開発スピードを加速させる。

 ■トライエッティング社の概要
 ◇社名=トライエッティング◇所在地=愛知県名古屋市中区葵1-20-22 セントラル名古屋葵ビル4階◇代表者=代表取締役社長・CEO兼CRO長江祐樹氏◇設立=2016年6月6日◇資本金=3億8,299万2千円 (資本準備金含む)

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界