PAGE TOP

19年3月期第3四半期業績

NOK、シール事業は増収減益

工業用品 2019-02-04

 NOKが2月1日に発表した19年3月期第3四半期(4-12月)業績は、売上高が5,219億6,400万円で前年同期比6.7%減、営業利益が265億5,800万円で同28.4%減、経常利益が318億1,000万円で同33.7%減、純利益が189億300万円で同36.9%減となった。

 事業別では、シール事業は売上高が2,598億3,100万円で同3.2%増、営業利益が285億9,400万円で同7.0%減。売り上げ面では、自動車向けは国内の軽自動車需要や東南アジアでの需要が好調で増収、一般産業機械向けも建機、工作機、ロボット向けが底堅く推移したことで増収となったが、利益面では人件費・経費の増加、原材料の高騰で減益となった。

 電子部品事業は売上高が2,383億7,100万円で同16.0%減、営業損失が32億1,400万円(前年同期は53億5,200万円の営業利益)。自動車向けやハードディスクドライブ向けは堅調だったが、高機能スマートフォン向けの需要が大きく落ちたことで、売上高・利益ともに減少した。

 ロール事業は売上高が155億5,800万円で同1.1%減、営業利益が9,400万円(前年同期は1,300万円の営業損失)。金融、繊維機械向けの需要は伸びたが、為替の影響により事務機向けの販売が減少した結果、全体では減収。営業利益は経費抑制などで増益となった。

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界