PAGE TOP

高圧ホースのインド拠点、ニムラナ工場で開所式

住友理工がインドで日系初の一貫製造体制

工業用品 2016-01-25

TIHの外観

TIHの外観


 住友理工は1月15日、インドに設立した産業用ホース事業の製造・販売子会社、トウカイ・インペリアル・ハイドロリクス・インディア(略称・TIH)のニムラナ工場で開所式を行ったと発表した。

 同社は2005年にインドに進出。現在、自動車用ホースと自動車用防振ゴム、産業用ホースの3社4拠点を持つ。TIHは建設機械向け高圧ホースの生産拠点として11年9月に設立され、14年から先行してカルナタカ州でアセンブリー(組み立て)製品の生産・販売をスタートした。

 この間、ラジャスタン州のニムラナ工場でホース単体の生産を行う準備を進め、15年8月から量産を開始。これによりインドでは日系初の一貫製造拠点となり、高圧ホースアセンブリー製品を広く同国で供給する体制が整った。

門出を祝う松井社長兼COO(中央)

門出を祝う松井社長兼COO(中央)


 昨年12月初旬に現地で行った開所式には、在インド日本国大使館、JETRO(日本貿易振興機構)、インド政府関係者や取引先関係者ら約70人が出席。式典で同社の松井徹社長兼COOは、「インドでは日系初となる高圧ホース製品の一貫製造会社として、高品質の製品をお客様にお届けし、地域社会の繁栄とインドのさらなる発展に貢献していきたい」とあいさつした。

 ■TIHの概要
 ▽事業内容=土木・建設機械向け高圧ホースおよび関連製品の製造・販売▽設立=11年9月▽資本金=15億7900万ルピー▽出資比率=住友理工82.9%、インペリアル・オート・インダストリーズ17.1%▽代表者=マネージング・ダイレクター:酒井洋和氏▽従業員数82人(15年11月末現在)▽工場面積=ニムラナ工場:敷地約6万㎡、建屋約1万2000㎡▽投資額=約27億円▽売上高=約37億円(20年度計画)

関連記事

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界