PAGE TOP

【特集】ゴム・樹脂コンベヤベルト

ニッタ、カーブコンが物流・食品で伸長

工業用品 2018-04-10

小型カーブコンベヤ


 ニッタの18年3月期ベルト部門売上高は前期比増収の見通し。

 樹脂搬送ベルト「NLG」は、物流、食品分野が好調で前期比1ケタ台半ばの増収見込み。「16年度は2ケタ増収と大きく伸びたが、17年度はそれをさらに上回る見通しだ。コンビニなどの食品工場向けで販売が伸びている。また物流センター向けで広幅のベルトが伸びた」(同社)という。

 カーブコンベヤは物流向けで大型タイプが好調。食品搬送用途では、小型カーブコン「EC-1」の販売が伸長した。EC-1はベルト交換が簡単など、メンテナンス性の良さが食品分野で評価され販売堅調だ。

 伝動・搬送用ベルト「ポリベルト」は、国内は市場縮小による需要減退により、印刷や遊技向けが伸び悩んでいる。一方海外は、中国、インドなどで繊維機械向けの販売が増加している。

 ポリベルトと同じ伝動・搬送用ベルトの「ポリスプリント」は、国内海外とも販売が拡大した。国内は採用されている分野・用途が重なる部分が多いポリベルトからの置き換えなどもあり販売が増加。専用器具を使えば誰でも簡単にエンドレス加工ができる点が好評で販売が伸びている。

 「ポリスプリントは日本のニッチな分野にも新製品を投入し、市場の掘り起こしを進めている」(同社)。

 SEベルトは「金融端末向けで一巡した感がある。新たな需要先を探すため、販売の可能性が見込める業界の探索が急務となっている」(同)。

 製品面では、昨年の「国際食品工業展(FOOMA JAPAN)」で発表したベルトの端部加工「プロテクトシール」が好評。一昨年、主に紙管製筒向けに販売を開始した「ゼロシーム」の販売も順調に伸びている。

 18年度は、今年度と同様の景気動向を見込んでいる。その中で、樹脂搬送ベルトやカーブコンベヤは、引き続き物流分野、食品分野向けが堅調に推移すると予想され増収の見通し。

 「物流分野は新設案件もまだ多くあり、ベルト需要の活況も続き、食品分野も引き続き堅調に推移する見通しだ」(同社)
 需要が好調な食品・物流分野には、3年前に立ち上げた製販技が一体となったプロジェクトチームで、新製品開発や市場開拓に対応している。また6月のFOOMA JAPANでは新製品を出品する予定だ。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界