PAGE TOP

【特集】ゴム・樹脂コンベヤベルト

三ツ星ベルト、ゴム・樹脂ベルトとも増収

工業用品 2018-04-10

「高性能傾斜ベルト」(1プライタイプ)


 三ツ星ベルトの18年3月期搬送ベルト部門の売上高は前期比1ケタ台半ばの増収見込み。樹脂ベルト、ゴムコンベヤベルトとも1ケタ台半ばの増収を見込んでいる。

 樹脂ベルトは物流、食品の2大分野がともに好調で、特に物流分野が伸長した。各地に新設されている配送センター向けで販売が大きく伸びている。食品分野はコンビニ関連の食品工場向けが特に伸長。JAの農産物選別ラインなどでも樹脂ベルトの需要が高まっている。

 19年3月期は1ケタ台半ばの増収を計画している。「まだ案件も多く、引き続き物流は好調に推移する見通し。食品も安定した需要を見込んでいる」(同社)。サニタリー関連も「国内や中国・アジアで紙おむつなどの需要が拡大しており、今後、樹脂ベルトについても、食品分野以上に伸びるのではないか」(同)と期待している。

 リニア新幹線や圏央道などのトンネル工事が活発なため、17年度はゴムコンベヤベルトの販売も堅調に推移した。鉄鋼や砕石、セメント業界の活況を受けてウレタンスクリーンの販売も好調だった。インフラ関連工事は18年度も継続する見通しのため、ゴムコンの売上高は1ケタ台半ばの増加を計画している。

 今期は需要の掘り起こしをはかるため積極的に展示会に出展する。4月に中部パック展(ポートメッセなごや)、6月に国際食品工業展<FOOMA JAPAN>と機械要素技術展(ともにビッグサイト)、19年2月に国際製パン製菓関連産業展<モバックショウ>(幕張メッセ)に出展する。FOOMA展では樹脂ベルトの新製品を出展する予定。

 製品面では、高性能傾斜ベルトやシリコーンコーティングベルトなど新製品の拡販に注力する。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界