PAGE TOP

【特集】ゴム・樹脂コンベヤベルト

フォルボ・ジークリング・ジャパン、スマート・シール好調で静岡工場増強

工業用品 2018-04-10

「Grip Star(グリップ・スター)」


 フォルボ・ジークリング・ジャパンの17年度(1-12月)売上高は前期比6%増。ベルト部門は同6%増、シール部門は同10%増となった。

 ベルト部門は物流と食品分野が好調。特に物流分野は好調で、大型案件を受注した配送センター向けなどが大きく伸びた。食品分野はコンビニの食品加工工場や、製パン、製菓、農産物の搬送向けが伸びた。

 製品では、「Prosan フルシールHACCPシリーズ」が引き続き好調で前期比約30%も増加。またスマート・シール製品も順調で、食品設備・機械への標準装着化も進んでいる。スマート・シール製品は、需要の増加に対応し、静岡工場の加工機械を増やし人員も増強している。

 モジュラーベルト「プロリンク」も市場で認知度が向上し、物流センターや段ボール工場などで採用が増えている。

 18年度は17年度並みの売上高を計画している。この1-3月は、物流は好調だが、食品は思ったほど伸びていないという。今期は、物流分野は配送センター向け需要に引き続き期待、食品分野は食肉関連や農産物などをさらに伸ばしていく。

 製品面では、Prosan フルシールHACCPシリーズやスマート・シール製品に加え、モジュラーベルト「プロリンク」、高速駆動用ベルト「Grip Star(グリップ・スター)」の拡販をはかる。グリップ・スターは西日本中心に販売展開していたが、今期は全国展開する。

 同社は6月に開催するFOOMA展に今年も出展する。食品包装産業向け新製品「ブルーエラスチックベルト」など注力製品を展示しピーアールする。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界