PAGE TOP

【新年トップインタビュー】

タイガースポリマー社長渡辺健太郎氏、「選択と集中をはかり一人当たり利益の向上めざす」

工業用品 2018-01-10


 ■18年の経営課題
 ホース、シートとも今の順調な状態を維持しつつ、選択と集中を進めていき、収益性の高い製品の割合を高めていくようにしたい。製品個別の収益性を分析する新システムの構築に取り組んでおり、何が一番利益を上げられる商材なのかを見極め、それに力を入れて販売していけるようにしたい。

 ■中期経営計画
 今年度は中期経営計画の最終年度で、売上高は450億円、経常利益は30億円の目標だった。売上高・利益とも目標値には達しない見込みで、特に売上高は大幅な未達となった。18-20年度を対象にした新中計の概要は、社内で3月頃に共有する予定だ。新中計の方針は利益重視で、特に一人当たり利益の向上を目指す。お客様に喜ばれながら利益を上げていけるようさまざまな工夫をしていく。戦略としては「ニッチ市場で自社製品のシェアを高める」と「選択と集中」を掲げている。

 ■自動車EV化への対応
 製品構成を変えていく必要がある。当社は吸気系部品が多いので、それ以外の部品の受注拡大を目指す。電池回りの部品についても、すでに手がけているので、さらに開発を進めアイテムを増やしていく。軽量化への対応として、金属部品の樹脂化を進めていくなど、当社の強みである開発技術力を活かした製品作りを追求していく。

 ■人手不足の影響
 募集をかけても応募がない。派遣社員の採用も難しくなっている。各生産拠点とも人手確保で困っており、現有の人員で何とか賄っている状況だ。人手不足の対応策としては、業務・作業の標準化や生産工程の自動化・省人化を進めている。

人気連載

  • a
  • 気になったので聞いてみた
  • つたえること・つたわるもの
  • ゴム業界
  • ゴム業界